医歯薬・名門大学志望の生徒さんを応援するブログ

名古屋の予備校セントメプレスで教務の仕事をしています。
生徒さんの精神的フォローからスケジュール管理、営業などなど、色々と手掛けています。そうした事務側から見た予備校セントメプレスをご紹介していきます。

合格応援チョコ・・・作ってみました

2016年11月3日


受験シーズンになると、コンビニやスーパーなどで受験応援コーナーが設けられ、験を担いだお菓子等が並びます。


定番の「きっと勝つ!」と受験生への応援メッセージを書いて送れるキットカット。


「寝ている時も木から落ちない」コアラにあやかった、コアラのマーチ。


名称を逆さに読むと“キッポー”=“吉報”になる「ポッキー」などなど。


どれを買って生徒さんへ渡そうかと悩んでしまうほど種類も豊富です。






ところが、これら受験用のお菓子が店頭に並ぶ時期が遅いんです。


センター試験を標準に合わせているため、今、この時期の推薦入試の生徒さん用に探してもお店にないんです。




・・・・と、前置きが長くなりましたが・・・


見てください( *´艸`)

作ってみました。合格応援チョコ。



どうでしょう。


生徒さんが喜んでくれますように(´∀`*)




インターネット出願

2016年11月1日


医学部においても、東海大学や近畿大学のように特に他の学部が多く併設されている大学についてはインターネット出願が主流になってきました。


北里大学のようにインターネット出願へ移行中の大学においては紙の願書での出願と両方行っています。)





インターネットの出願サイトにアクセスして、必要な情報を入力して送信するだけで出願を終えるというものなので、手間が省け、時間が短縮でき、中には受験料の割引などがある大学もあります。
また、大学側も願書の発送・開封等の処理や入力作業などの手間も省け、双方に多くのメリットがあります。


素晴しい~システム( ̄▽ ̄)


とはいえ、全てのご家庭にインターネット環境があるわけではありませんので、戸惑われる保護者様もいらっしゃることでしょう。


図書館など公共施設のパソコンでもインターネット環境があれば出願は可能ですし、ここセントメプレスにおいても出願ができます。


多くのメリットがあるインターネット出願は今後はさらに導入する大学が増えてくることと思います。

インフルエンザの予防接種

2016年10月27日


受験生の皆さん、インフルエンザの予防接種をいつ受けます?

入試に備えてインフルエンザの予防接種を受けるなら、できるだけ効果があり、入試に支障のない時期に受けたいですよね。



そこで!!今日はインフルエンザの予防接種をいつ受けたら良いかを考えでみました。



インフルエンザワクチンの効果が現れるのは、予防接種をしてから2週間たってから、そして持続期間は5ヶ月程度と言われています。

もちろん、これには個人差があります。
私自身毎年接種していますが、効果は3ヶ月程度じゃない?と思っています。


さて、次に回数です。
13歳以上は1回または2回ですが、センターから始まって後期までを考えると、是非とも2回接種していただきたいと思います。


また、接種後は、少し熱が出たり頭痛がしたりする方もいます。





・・・・・・・それらを全て踏まえて、いつ頃接種すれば良いのかというと
(これはあくまでも私の考えですが・・・)

国公立狙いの場合、センター受験は1/14・15なのと・・・


最近、温暖化の影響?でインフルエンザの流行も遅めになってきていることも考慮して・・・


11月下旬に第1回目


1回目と2回目の間は 4週間ほどあけるのが一般的ですから


12月下旬から1/6までに第2回目



と、いったところでしょうか。



国公立前期日程は2/25・26、後期日程は3/12・13です。
この間に私大の入試も入って来ます。



とにかく1/14から3月中旬までは絶対にインフルエンザにかからないように、可能な限り予防しましょう!!