医歯薬・名門大学志望の生徒さんを応援するブログ

名古屋の予備校セントメプレスで教務の仕事をしています。
生徒さんの精神的フォローからスケジュール管理、営業などなど、色々と手掛けています。そうした事務側から見た予備校セントメプレスをご紹介していきます。

TEAP

2016年7月28日



TEAP(ティープ)をご存じですか?



TEAPとは、大学で学習・研究する際に必要とされるアカデミックな場面での英語運用力(英語で資料や文献を読む、英語で講義を受ける、英語で意見を述べる、英語で文章を書くなど)をより正確に測定するテストです。


主に高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発されています。
テスト構成は日本における「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るうえで適切な設計となっていて、テスト内容はすべて大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成されています。
難易度の目安としては、英検準2級〜準1級程度で、日本の高校3年生の英語を測定するのに最適なレベルです。


さてこのTEAP。
最大の特徴は、大学受験においてTEAP利用型入試を利用すれば「英語の試験を行わない」点です!!


事前に、アカデミック英語能力判定試験(TEAPあるいはTEAP CBT)を受験し、学科が設定している基準スコアを満たしていれば出願できます。
TEAP採用大学は上智大学、青山学院大学、早稲田大学、立教大学・・・などなどです。



TEAP基準点は各大学によって様々ですが、例えば上智大学の場合、事前に、TEAPあるいはTEAP CBTを受験し、学科が設定している基準スコアを満たしていれば出願できます。
試験日には、国語や地理歴史・数学など学科の指定する選択科目を受験すれば良いわけです。
また、指定された選択科目が共通していれば、一度の試験で「同時に複数学科へ出願」も可能です。従来の一般入学試験(学科別)との併願も、もちろん可能です。



・・・・と、前置きが長くなりましたが、セントメプレスでは、このTEAP試験に向けての対策授業も行っています。


一度で合否が決まる従来の入試と異なり、受験機会をTEAPは年に3回、TEAP CBTは年1回受験することができます。


受験の選択肢を広げてくれますよね。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。